弁護士に依頼しないとだめなの?

弁護士B型肝炎の給付金請求訴訟を起こして、給付金を受け取ることができても、状態や症状によって給付金の額は変わってきます。症状が重いほど給付金は多くなるものの、発症から20年経過している場合と、20年未満の場合では金額が変わります。また、治療歴の有無によっても変わりますし、感染していても症状が出ない場合は給付金はあまり多くありません。

条件によって金額が違うため、少ない場合は弁護士に依頼するとほとんど手元に残らないというケースも出てきます。給付金を受け取るにはB型肝炎の給付金請求訴訟を起こす必要がありますが、弁護士を立てずに自分でB型肝炎の給付金請求訴訟を起こすことはできないのでしょうか?

結論から言えば、素人でもB型肝炎の給付金請求訴訟を起こすことはできます。しかし手続きが非常に複雑で、専門的な知識がないと難しいことも多いです。多少費用を支払っても、弁護士に依頼する方が精神的な負担と和解までの時間は大幅に短縮されます。

集団予防接種でB型肝炎に感染した患者は全部で約45万人とも言われていますが、B型肝炎の給付金請求訴訟を起こし給付金を受け取った人はわずか5%に過ぎません。救済制度があることすら知らない人がいるのが現状です。