B型肝炎の訴訟を弁護士に相談する

Posted by

注射針過去に行われていたB型肝炎の集団予防接種において、注射針を1回ごとの使い捨てにはせず、何人もの患者に使いまわしていたという事実があります。現在では考えられないことですが、注射針の使い回しにより大勢の人が意図せずB型肝炎に感染することとなってしまいます。現在とは認識が違うとはいえ、知らない間にB型肝炎に感染させられることとなったことについては、国も非を認め対象者に給付金を支払うことにしています。

B型肝炎は2つの感染経路があるため、集団予防接種が原因であってもそれを証明しないと給付金を受け取れないという矛盾があるのも事実です。証明するためにはB型肝炎の給付金請求訴訟を起こす必要がありますが、素人では到底対応できない問題です。自分では手に負えないので、弁護士に依頼してB型肝炎の給付金請求訴訟を起こすしかありません。

B型肝炎の給付金請求訴訟をサポートしてくれる弁護士は全国にいます。弁護士に相談するという機会はなかなかありませんが、B型肝炎の給付金請求訴訟については専門の窓口を設けて対応している弁護士事務所もあるので、そういうところに相談するといいでしょう。

しかし弁護士を立てるとなると、費用が気になってしまいます。給付金を受け取れるとしても、弁護士に報酬を支払ったらほとんど残らないのでは意味がありません。状態により受け取れる給付金の額は変わってきますが、まずは弁護士に相談しないと始まりません。